同じ分け目で髪を分け続けると分け目が薄くなるウワサについて

同じ分け目で髪を分け続けると分け目が薄くなるウワサについて
これ、絶対にあると思います。
というか、経験者ですからあるって言えますね。
分け目が薄毛になっている人の多くってこれしかないでしょって思うんです。

同じ分け目で髪を分け続けると分け目が薄くなるのは本当だ!
の根拠について。

まずは、紫外線。
くきっり地肌が見えちゃってる分け目ってかなりの紫外線を浴びています。
お肌は気にするのに、地肌まで紫外線対策をせず、気を付けなかったのに反省です。
お肌以上に地肌は紫外線にさらされてダメージを受けていました。
紫外線でダメージを受けた地肌の状態は、ボロボロ。
そういえば、海水浴行った時なんて地肌の皮がむけたりしたな~って
ヤッパリ感たっぷり。
で、ボロボロになっている地肌はどうなってしまうかっていうと、
毛根までダメージを受けて抜け毛が増えることになってしまいます。
頭皮もダメージを受けてるわけだから、こんな状態じゃあ、
健康で美しい髪の毛が生えてくるわけもないということです。

さらに、同じ分け目で髪を分け続けると分け目が薄くなるわけには
髪の毛の引っ張りすぎるって問題もありました。
牽制脱毛症(けんせいだつもうしょう)というもので、良くオールバックで
髪の毛をくくっている人いるでしょ。
江角マキコさんみたいな感じ。
毎日のように髪の毛をグイグイ引っ張っていることで毛根にダメージを与えてしまいます。
髪の毛を引っ張ることで抜け毛は増える。
毛根もダメージを食らってるから髪が生えてきにくい。
よって、江角さんタイプの場合は、額が広くなる薄毛タイプになりますね。
分け目も同じようなことで、いつもきっちり同じ場所で分けていると
髪の重みも重なって、常に引っ張られている状態になります。
それで、分け目が薄くなる。
分け目が牽制脱毛症の症状になるわけです。

分け目の薄毛の対策としては、時々分け目を変えること。
防止や日傘をさして分け目に紫外線が当たらないようにすること。
ダメージを受けている頭皮は保湿させることも大事だし、
指の腹でシャンプーを優しく行うなど頭皮を傷つけないことが大切です。
女性の見た目の若々しさって、たるみとかシミ、しわなど顔の印象もあるけれど
それ以上に、髪の毛にあります。
分け目の薄毛や全体的な薄毛、ボリュームのない髪、パサついた髪など
髪の毛の印象って顔よりも年齢を左右させるって感じるんですよね。
顔って、メイクでどうにかなるってこともあるじゃないですか。
髪の毛のボリュームや質が若々しければ、なんだかそれだけで華やかに見えるよね。
薄毛って一度なると改善に時間もかかるし、加齢だけが問題じゃありません。
他人ごとじゃないから、今日から気を付けましょう。

女性の薄毛の原因|女性特有の症状と男性と異なる点

髪が薄くなりハゲてしまうのは男性の症状だと思っている人も意外と多いのですが、最近は女性専用の育毛剤やシャンプーなども多く発売され、女性でも恥ずかしいという気持ちを持たずにケアできるようになりました。

あまり知られてはいないのですが、実は女性にとっても深刻な抜け毛がありほとんどが女性ホルモンが原因になっているようです。もちろん、男性だけではなく女性も年齢とともに髪が抜けやすくなり全体的に髪のボリュームがなくなったり細くなるなどの症状がでることが多いようです。

女性の薄毛で年齢が原因の場合はつむじや分け目が薄くなり男性のようにつるつるになることはないのですが、頭皮が見えやすくなり今までの髪型では見た目が悪くなる場合があります。これは、女性特有の薄毛と言え、更年期以降の女性に多いようです。

また、若い女性の薄毛として知られているのが、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れによって一時的に抜けやすくなります。今までそのような経験がない若い女性にとってこの時期の抜け毛はかなり深刻で、このままハゲてしまうのではないかと心配になる受診する人も少なくないようです。

出産後の抜け毛はかなり多いこともあるのですが、ほとんどの場合は1年以内に改善し元通りになるので心配いりません。しかし、まれにそのまま抜け毛が改善せずに深刻な薄毛に悩む人もいるので注意が必要です。

男性は一部や全体的に薄くなり始め髪が全くなくなるまで抜けることが少なくないのですが、女性はそのようなことはほとんどないようで、頭皮が見える程度の薄毛がほとんどです。

女性と男性ではあからかに薄くなる場所や抜け方が違うので、それぞれあった育毛剤やケア方法を行うことで効果が出るそうです。ですから、育毛剤はどれも同じだろうと女性が男性用、男性が女性用のものを使っても効果が出ないどころか、逆に薄毛が進行したり頭皮がかぶれるなどのトラブルが起こることもあるので注意しなくてはならないそうです。

髪全体が薄くなる人と頭頂部が薄くなる人の違いはあるのか?

髪が薄くなると、やはりいろいろな面で消極的になりますよね?

どんなにハンサムで素敵な人でも髪が薄いとそれだけでちょっと・・・

昔超モテモテだった男の子と久しぶりに同窓会で再会したときに、頭が薄くなって昔の面影がなくなっていた、なんて話もよく聞くので髪が薄いということはそれだけでも見た目がかなり変わってしまうんですよね。

ってことは好きな女性がいても自分の髪が薄いと思うと、消極的になってしまいなかなかアタックできないなんてことも多いのではないでしょうか?

 

この髪が薄くなるというのは男性だけではなく女性にも言えることで、男性は頭頂部や全体的、一部分がにつるつるになるハゲが多いのですが、女性は全体的に髪が薄くなったり分け目やつむじの髪が少なくなり頭皮が見えるハゲ方がほとんどのようです。

この全体的に薄くなるのと頭頂部が薄くなるのは男女の差だけなのでしょうか?

男性でも全体的に薄くなり徐々にハゲていく人もいるようで、このハゲる部分の違いは遺伝や髪型によっても違いがあるようですが、はっきりとした原因はわからないようです。

昔、剃りこみを入れていた人やリーゼントやキツイパーマをかけていた人は引っ張られる力が強くかかっていたためその部分がハゲやすいようです。若いころやんちゃだった人ってコメカミに髪の毛がなかったり、オデコがやたら広い気がするのは私だけでしょうか・・・

帽子をかぶる時間が長い人は常に頭皮が蒸れた状態になり毛穴が詰まりやすくなります。それが原因で頭頂部の髪が抜けやすいという話もありますが、これらはあくまでもハゲやすいと言うだけで必ずハゲるわけではありません。

全体的に薄くなる人も頭頂部が薄くなる人も原因は頭皮の健康状態が悪いということらいいですね!ですからそうならないように日頃から頭皮のケアをきちんと行い、ハゲやすい原因が思い当たる人は抜け毛が多くなる前の予防がとても大切なのではないでしょうか?