女性の薄毛の原因|女性特有の症状と男性と異なる点

髪が薄くなりハゲてしまうのは男性の症状だと思っている人も意外と多いのですが、最近は女性専用の育毛剤やシャンプーなども多く発売され、女性でも恥ずかしいという気持ちを持たずにケアできるようになりました。

あまり知られてはいないのですが、実は女性にとっても深刻な抜け毛がありほとんどが女性ホルモンが原因になっているようです。もちろん、男性だけではなく女性も年齢とともに髪が抜けやすくなり全体的に髪のボリュームがなくなったり細くなるなどの症状がでることが多いようです。

女性の薄毛で年齢が原因の場合はつむじや分け目が薄くなり男性のようにつるつるになることはないのですが、頭皮が見えやすくなり今までの髪型では見た目が悪くなる場合があります。これは、女性特有の薄毛と言え、更年期以降の女性に多いようです。

また、若い女性の薄毛として知られているのが、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れによって一時的に抜けやすくなります。今までそのような経験がない若い女性にとってこの時期の抜け毛はかなり深刻で、このままハゲてしまうのではないかと心配になる受診する人も少なくないようです。

出産後の抜け毛はかなり多いこともあるのですが、ほとんどの場合は1年以内に改善し元通りになるので心配いりません。しかし、まれにそのまま抜け毛が改善せずに深刻な薄毛に悩む人もいるので注意が必要です。

男性は一部や全体的に薄くなり始め髪が全くなくなるまで抜けることが少なくないのですが、女性はそのようなことはほとんどないようで、頭皮が見える程度の薄毛がほとんどです。

女性と男性ではあからかに薄くなる場所や抜け方が違うので、それぞれあった育毛剤やケア方法を行うことで効果が出るそうです。ですから、育毛剤はどれも同じだろうと女性が男性用、男性が女性用のものを使っても効果が出ないどころか、逆に薄毛が進行したり頭皮がかぶれるなどのトラブルが起こることもあるので注意しなくてはならないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>